2013/01/01

2013年購入した携帯端末


2013年購入した携帯端末

1月
Google Nexus 10 32GB
L-03E (WiFiルータ)


3月
docomo Xperia Z SO-02E

4月
docomo Xperia Tablet Z SO-03E
Samsung Galaxy S4 GT-i9505

5月
docomo Xperia A

2012/12/02

Verizon iPad mini のsim認識結果

Verizon版 iPad mini CDMA A1455で、主要3キャリアのnanoSIMを試す


実験を行ったのは以下の条件
  • docomo nanoSIM Xi契約
  • au iPhone 5 用 nanoSIM
  • softbank iPhone 5用 nanoSIM
結果論としてはiOS6.0.1ではすべて3Gはもちろん、LTEも全キャリアで動作した。
  • docomo iPhone5同様、iOS6.0.1の再アップデートを行い、moperaU契約でAPNは手動でmopera.netを設定
    ※他のキャリアのsimをセットしてしまうとキャリアアップデートされるので、最初からやり直しです。
  • au は、SIMを入れるだけ。特に設定不要。
  • softbankはiPhone構成ユーティリティーでiPhone5用APNを作って、それを適用することで動作した。
    ※ただし、3GからLTEへ切り替わるまで結構時間を要した。放置プレイでふと見たらLTEを掴んでいたくらい、時間がかかった。

docomoはiOS6.1.beta2でLTEを塞がれた模様なので、正式版iOS6.1ではLTEは使えなくなるかもしれないので要注意。


2012/11/25

sim unlocked iPad miniでドコモのLTEを使う

sim unlocked iPad miniでドコモのLTEを使う

物欲に負け世界で発売日の一番早いUS版を直輸入してみた。

予想通り、iPhone 5 同様 simフリーiPad miniでドコモのXi(LTE)が使えた。
やり方は、iPhone 5 と全く同じ。

iOS6.0.1での各キャリアの動作は以下の通り。
すべてiPhone 5 用のnanoSIMで実験してみた。


  • docomo 3G LTE 共にOK
  • au 3G LTE 共にOK
  • softbank 3GのみOK ※APNの手動変更で可 
sohutobankはLTEは設定に項目は出るもののLTEを掴まず。
いつもの様にiPad mini専用nanoSIMを用意するのか、自動設定されるAPNが稼働していないと思われる。


2012/11/12

sim unlocked iPhone5でドコモのLTEを使う

sim unlocked iPhone5でドコモのLTEを使う
(俗にいうsimフリー機。英語としては「無料のsim」って意味になってしまうのであえて使わない。)


docomoのsimを挿入した状態か、sim無しで、iOS6.0.1をiTuneで「復元」ではなく、
SHIFT+「更新」でfarmwareのファイルを選択し更新することで、LTEを利用できた。

たけど、その後でSoftBankのSimを入れたらキャリアアップデートされてドコモのLTE使えなくなった。再度iOSのアップデートしたら、使える状態に戻った。


iOSディベロッパーにも加入しているので、bata版を試した。
iOS6.1 bataは同じ手順でLTEつかえた。
iOS6.1 bata2で使えなくなった。。。

2012/11/10

iPhone 5 の主要3キャリア・体感比較

ドコモでiPhone 5のLTE(Xi)が使えるって噂は本当だった。

Verizon版のiPhone5で試した。

今のところVerizon版iPhone5は最強。
日本の主要3キャリアすべてで利用できる端末は初めてではないだろうか?

同一端末での比較で主要3キャリアの使用感を比較してみた。
3キャリアともLTE。あえて「使用感」を重視するためにスピード測定は行わなかった。

結果としては特に速くもなく遅くもなく安定しているのは、ドコモだった。
他2キャリアは、最高スピードはドコモを抜くことはあるが、場所によって不安定。
改めて元国が管理していただけの会社は安定していることに気づかされた。


2012/07/03

SC-06D root取得できた!?

root取得?


某巨大掲示板の情報で、不完全ではあるがrootは取得できた。

現時点での問題は
  • remountすると、強制再起動
L-01Dと一緒ジャンって感じ。
これが腹立たしくてL-01Dは養子にだされた。

ドコモアプリをある程度、削除できるようにしてくれたのは嬉しいけれど、
日本特有の機能はいらないから、グローバル版をそのまま出荷してくれ、docomoさん!

某量販店の店員曰く「Samsungを選ぶ人は、大抵普通に使おうとしてないですねぇ」と。
普通の人は?と聞くと「2012年夏モデルに関しては、Xperia GXですね。」だとさ。

SamsungもSamsung.。どこかの記事で「ガラケー機能は搭載する気はない。」って記事見たんだけれどなぁ。。。


SC-06Dを
  • root取って、おもちゃにしたい人
  • LTEを切って使いたい人
2つに該当する人は、素直にグローバル版をお勧めします。
どうせ、root取った時点で保証はなくなるしね。

でもグローバル版はodinのカウンターリセットできるんだよなぁ。だから保証あるのと一緒!?



Galaxy S III SC-06D vs GT-i9300 バッテリー持続時間

SC-06D vs GT-i9300


バッテリーの持続時間をAnTuTu Tester で測ってみた。
と、言っても「どちらが持つか」しか見ていないので、数値は覚えてない・・・。

結論から言うとGT-i9300が圧勝!?かも・・・。
待受け時間にしたら、何時間になるのかわからないが、少なくともSC-06Dよりは待受け時間は長かった。

測定条件としては

  • SIMなし
  • ROMは出荷時状態
  • docomoアプリは可能な限り「無効」か「削除」


時々、バッテリー温度を観察してみたが、
GT-i930037度前後
SC-06D47度前後

また、CPU使用率は

GT-i930057%前後
SC-06D76%前後

同じソフトで、クアッドのほうが負荷分散できているのか、
ソフトが対応していないのかわからないが、
発熱多い⇒熱効率悪い
は成り立っているのかも。


SC-06Dは手放そうかな。
色々遊ぶにはグローバルモデルじゃないと面白みがないし。